バルーンスマイリスト 大竹由美子オフィシャルサイト

大竹由美子 プロフィール

yumiko-02当時4歳の長男が急性リンパ性白血病を発病。1年半の闘病生活を送り完治したかに見えたが、6歳のときに再発。以降、4年に及ぶ闘病生活を送る。
2007年、長男逝去。
2008年、特定非営利活動法人ぷくぷくばるーんを設立。当時の主治医などを役員に迎え、元患者家族の仲間と共に活動を始めた。

現在7つの病院の小児病棟へ定期的に訪問。訪問回数は7年間で約550回を数え、延べ人数約4,000名の子どもたちとふれ合う。また、約600名のボランティアへの指導も行った。

2011年に立ち上げたフラフィバルーンとしてバルーンに携わる仕事、ぷくぷくばるーんとして小児病棟の遊びのボランティアの2足のわらじの他、2013年より愛知淑徳大学「ライフデザイン」講師としても活動。

息子との闘病生活、その後のNPO活動、多くの人との出会いから、「笑顔」の大きなパワーを感じ、「笑顔のチカラ~幸せ5原則を伝え続けること」が人生のテーマとなった。

そしていま、自らが笑顔の達人であるバルーンスマイリストとして、笑顔を広げる仲間であるバルーンスマイリストの養成講座、大切な人を笑顔にするためのバルーン教室「バルーンdeスマイル」講座やその他バルーンを使ったスマイルコミュニケーションセミナーを開催。
また講演では、息子との闘病生活や病院での活動、ボランティアへの指導経験を基に「笑顔のコミュニケーション術」や「いのち」をテーマとし、笑顔になることの大切さを伝え、日々笑顔の連鎖を広げ続けている。

略歴

大竹 由美子

バルーンスマイリスト®
フラフィバルーン 代表
特定非営利活動法人 ぷくぷくばるーん 理事

カラフルでふわふわなバルーンは、誰もが思わず笑顔になれる最高の笑顔アイテムです。
フラフィバルーンのキーワードは「笑顔」。
イベントやお店、発表会やパーティなどでのバルーンでの装飾、お誕生日会や親子会などの小規模のバルーン教室から、集客のための企業イベントなど各種バルーン教室、豊富な人材ネットワークから提案するイベントコーディネート、そして笑顔とバルーンのスペシャリスト「バルーンスマイリスト」養成といった、誰もが笑顔になれる機会を創造します。

「フラフィ」は英語で「ふわふわ」。
名前の通り、いつもふわふわで柔らかい笑顔でいることを大切に、毎日を過ごしています。
笑顔は周りに連鎖します。ふわふわの笑顔がどんどん広がっていきますように。

2006年
バルーンと出会う。
息子の入院中に頂いたバルーンによって自分自身元気を取り戻したことをきっかけに、バルーンの魅力にはまる。
2008年
特定非営利活動法人ぷくぷくばるーんを設立。
愛知県内7病院の小児病棟でバルーンを使った遊びのボランティアを始める。
2010年
バルーンのお仕事や「フラフィバルーン」を設立
本格的にバルーンデコレーションや、バルーン教室などを行う。
2013年
「バルーンスマイリストR」養成講座開講
バルーンと笑顔のスペシャリストの育成を開始。

日本バルーン協会(JAB)バルーン業務安全管理講習修了
笑顔になれるバルーン教室「バルーンdeスマイル」や、バルーンを取り入れたコミュニケーション講座「バルーンdeスマイルコミュニケーション」を開催。
また、「笑顔で幸せになること」「笑顔で生きること」をテーマにした講演も精力的に行う。

フラフィバルーン概要

名 称
Fluffy Balloon(フラフィバルーン)
所在地
〒466-0815 名古屋市昭和区山手通 1-17-1 シャンボール山手2F 山手サロン
TEL
090-5105-4823(大竹)
代 表
大竹 由美子:Yumiko Otake
事業内容
風船の販売・制作、イベントプロデュース、バルーン講習会、バルーンアクティビティ

実績

[装飾]
企業・地域のイベント会場、ピアノ発表会、こどもクリニック、ウェディング、出版記念パーティー、会社設立パーティー、クリスマスパーティー、バースデーパーティー等
[バルーン教室]
企業主催イベント、企業地域おまつり、親子会、ショッピングセンター、JC、ライオンズクラブ、ホテル主催イベント、企業研修等
[講演・講座]
愛知淑徳大学、岐阜聖徳学園短期大学、岐阜県フロンティア高校、春日井市社会福祉協議会、土岐市民生児童委員会総会、全国病弱児研究会、のぞみ財団福井支部、
東濃ホスピスセミナー、名古屋大学小児科学教室100周年記念式典、
熱田の森文化センター 等(敬称略)
[その他ギフトバルーン等]
多数

制作実績の詳細は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ